サビトラ-SAVITRA 全国送料無料でお届け

サビトラに関する使用上の注意

 

サビトラに関する使用上の注意

サビトラはレビトラのジェネリック薬として健康被害などの副作用が起こらないことが確認されていますが、体質や病状によってはまれに副作用が重篤するパターンがありますので注意が必要です。

 

これまでの報告ではレビトラジェネリックの成分である、バルデナフィル異常反応を示す患者さんがいることが確認されています。このような方の場合には個人差がありますが、良くない副作用が起こる危険性があります。
こうならないためにも、まず初めてサビトラを服用する際には少量のパッチテストをすることが大切です。少量でも過剰に副作用症状が出るという場合にはサビトラの服用を断念した方がいいでしょう。

 

そのほかには、硝酸塩系薬剤を使用中の方は、その治療薬の成分とサビトラの成分とが化学反応を起こし体内で良くない副作用が起こる可能性が指摘されています。

 

そのほかには低血圧の方や高血圧の方は血管自体が健康でない場合が想定されます。健康でない血管はもろく穴が開きやすい状態であるとも言い換えることができますので、そのような状態でサビトラを服用して、急に血流が早くなるとあちこちで血管に穴が開いてしまい、体内に思わぬダメージを与えることが考えられます。

 

そのほかには、心臓に限らず、心血管系の異常がある方も同様にサビトラの服用は控えるようにしてください。

次のページ⇒サビトラ 通販

 

サビトラ値段