サビトラ-SAVITRA 全国送料無料でお届け

健常者がバイアグラを使用すると

健常者がバイアグラを使用すると

禁忌だとされているニトログリセリンとバイアグラを健康な男性に投与する実験が行われました。その結果血圧が急激に低下しました。

 

また、バイアグラの血小板に及ぼす影響を調べてみると、50mg投与してみてもそれほど大きな変化を認めることはできませんでした。

 

健常男性で、バイアグラを動脈投与、静脈投与、経口投与でそれぞれ調べてみると、心拍数、心拍量、腕の血流、静脈の血流などさまざまなデータを検証した結果、結論としては、バイアグラの血行に対する効果は亜硝酸薬の効果に比べるときわめて小さいことがわかりました。

 

バイアグラに降圧剤を併用した場合、バイアグラ単独投与の時と比べてみると、血圧低下の副作用の報告例が極端に多いというわけでもありませんでした。

 

心血管系血行に対するバイアグラの効果に関して、CGMPと一酸化窒素の調整がうまくいっていることが重要です。

 

バイアグラのと亜硝酸薬はともにCGMPの濃度を上昇させる働きがあります。そのために平滑筋が弛緩します。

 

当初はバイアグラ単独での血圧低下作用能力を研究することが多かったのですが、それらの初期の研究結果としては、バイアグラ単独で用いた場合の心血管系に対する効果は軽いものだと判断されています。

 

バイアグラの臨床試験ではその分量にかかわらず、必ず8時間ほどで投与前の血圧に戻ります。このことから、投与量葉血圧の低下時間に関わらないことがわかっています。

 

健常者にさまざまな投与量で心電図のデータをとってみても、投与量に関連する明らかな差は見つけることができませんでした。