サビトラ-SAVITRA 全国送料無料でお届け

性行為の体への負担を考える

性行為の体への負担

EDのための従来のせい活動のなかっ他、あるいは消極的だった虚血性心疾患患者が、バイアグラの服用により性活動に積極的になるという報告もあります。

 

まず、性行為の運動量としての体への負荷はどの程度なのでしょうか?

 

慣れ親しんだパートナーとの通常の性行為の負荷は、安静時の約5倍までの運動量だとされています。

 

さらに性行為時の心電図を調べてみても、なんら心筋虚血発作が誘発されない場合には、ほぼ安全だとすることができます。

 

それ以外の負荷条件が合わさることも想定されますが、この程度の運動能力を持つ慢性期の虚血心疾患患者では、性行為に伴って心筋虚血を引き起こすリスクは極めて少ないといえます。

 

疑わしい場合には、より精密な運動負荷試験でのデータが必要です。

 

このほかにも、性行為が新血管に及ぼす影響で重要な点は、生理的負担に加えて、精神心理興奮の度合いです。

 

性行為に伴う交感神経の活性化は、身体的労力の程度とは必ずしも関連しないのです。

 

性行為に伴う最大心拍数について、33歳の健常男性では性行為による負荷量は通常時の約3倍で、十分に許容範囲だといえます。

 

それに比べて、53歳で性行為に伴い狭心症発作が誘発された男性では、負荷量は通常時の8倍で、ぎりぎり性行為が可能だと判断される、しかし実際のところは狭心症を発祥してしまいました。

 

この違いは心理的要因が負荷の増加に加担したと考えるべきなのです。身体的には性行為に耐える能力を持っていても、いざ本番にいあると精神が緊張してしまい、平常時のデータ葉使い物にならなくなってしまうのです。

 

運動負荷量に比べて著しい心拍数の変化ある、安全性の評価については、性的興奮の度合いも含めて検討しなくてはいけません。