サビトラ-SAVITRA 全国送料無料でお届け

-SAVITRA 全国送料無料でお届け

サビトラ勃起薬

 

サビトラは第2の勃起薬といわれるレビトラのジェネリック薬です。
そのため比較的安価にお買い求めいただくことができます。
ジェネリック薬とは先発薬(一番初めて開発された薬)のバルデナフィル成分をそのままに、製造方法や精製方法を変えて作られており、効果効能的には同じとされています。

 

日本国内でジェネリック薬と承認されているものは国からもその効果の確認がされているものばかりです。さらに、先発薬ではその成分に関しての副作用チェックなどの研究費が大幅にかかりますが、ジェネリック薬では成分がきちんと安全で効果があることが証明されているので、研究費がかかることがありません。
だからレビトラのジェネリック薬であるサビトラも安価に販売されているのです。

 

こんな方におススメです。
  • 勃起しなくなった。または勃起しにくいと感じている。
  • 安価な勃起薬を探している。
  • 2回戦・3回戦を楽しみたい。
  • 副作用の心配の少ない勃起薬を探している。

 

サビトラの特徴

 

サビトラの特徴

サビトラとバイアグラを比べててみると、効果が表れる時間が短く、効果が続く時間が長いというちがいがあります。これは、服用するタイミングがバイアグラよりも簡単だということです。

 

バイアグラの場合は服用が一時間ほど時間が立たないと効果が表れなかったのですが、サビトラはそれより少し早く効果が表れるようです。

 

さらにバイアグラは服用の前後に食事をしてしまうと、その効果が激減するのですが、サビトラに関しては一概にそうとは言えず、軽く食事をとる方がより効果を実感することができたというデータも報告されています。

 

一概に薬の効果については個人差がありますので、すべての人に同じ効果が出ることはありませんが、勃起薬に関しては、全く実感しないということは少なく、もしも実感できないという場合にはただのEDではなくインポテンツである可能性があります。

 

 

  バイアグラ サビトラ
服用してから効果が出るまで 約1〜2時間 約1時間
効果継続時間 4時間 8時間
食事の制限 服用前後の食事は効果が激減する 軽い食事なら大丈夫
価格帯 8000円前後 4000円前後

 

サビトラとレビトラの違い

 

サビトラとレビトラの違い

レビトラのジェネリック薬がサビトラだということは先ほども説明しましたが、成分は同じバルデナフィルでも製造方法が違うと効果に変化はあるのでしょうか?
成分が同じだということで効果に関しては全くと言っていいほど違いはありません。ただ、主成分は同じでも添加物が違っている場合がありますので、その添加物に関してアレルギーがあるなどの場合には注意が必要かもしれませんね。

 

なんにせよ、初めての薬を服用する場合には注意書きを正しく読んでおくことが重要です。

 

あと個人輸入役でたまに聞く問題ですが、偽物が販売されるケースがあるということです。

 

海外から商品が送られてくることから、注文したものと違うものが届いても、被害額が少ないことから、泣き寝入りになるケースがあるのです。

 

それはレビトラなどの先発薬の話であって、サビトラではもともとの販売額が安価なことから、偽物を作ってもそれほどの稼ぎにならないことから、ジェネリック薬は偽物があまり出回ることはありません

 

偽物で気を付けるのはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの人気があってそれでいてそこそこ高額な薬が狙われやすいようです

 

気になるサビトラマックス

 

サビトラマックス

サビトラマックスはサビトラの成分にさらに早漏防止の効果をくわえたものになります。

もちろんサビトラの勃起持続効果はそのままに、ペニスの神経を鈍化させて性的刺激を軽減、いつも突撃してすぐに果ててしまっていたあなたの救世主となることでしょう。

 

サビトラ同様、食事の制限もそれほど受けませんので、使い方も簡単です。ただサビトラに比べると少しお値段が張るようです。

 

サビトラでEDは治る?

 

EDに関しては様々な要素が原因としてあげられていますが、治療法穂としては投薬が最も有効な手段となります。

 

外科手術などで治療することはまずありません。

 

それ以外に治療に有効だとされることは自らの生活習慣を改めることもありますが、これは習慣的に慢性化していることがあり、仕事やビジネスをないがしろにすることにもなりますので、なかなか難しいのが現状です。

 

さて、サビトラを服用するだけでEDは治るのかというと、現実的には答えはノーです。

 

サビトラに関しては服用することで一時的には血流の流れがよくなりますが、一過性のものであり効果が消えると元の状態に戻るからです。なので、サビトラを服用するだけでEDが感知するということはありません。

 

しかし、飲まないよりは飲む方が治る可能性が高いのは確かです。

 

海外ではサビトラではありませんが、シアリスを日常的に服用していた方のEDが感知したケースも報告されているのです。何事も、やらないよりやってみたほうが回復するかもしれないので、あきらめずに服用することを続けるようにしましょう。

 

ジェネリックでも効果抜群のサビトラ

サビトラ効果抜群

ジェネリック医薬品と聞くとなんだか二流品の医薬品だと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはないのです。

 

レビトラはバイアグラの次に発見された勃起薬で、バイアグラに比べるとその勃起持続力と食事の影響を受けないという部分で改良されたものです。

 

バイアグラに比べると主成分は違います。バイアグラの主成分はシルデナフィルです。レビトラはバルデナフィルです。

 

この成分の違いが、薬の効果の違いにそのまま出ているのですが、サビトラにはこのレビトラの主成分であるバルデナフィルがそのまま使用されているので、レビトラと同じ効果が期待できるのです。

 

それではなぜこんなにも薬価に違いがあるのでしょうか?それは、レビトラはこのバルデナフィルの成分を発見するのも、バルデナフィルの安全性も、全くゼロの状態から開発を進めていかなくてはなりません。そのために莫大な研究費がかかっているのです。

 

しかし、サビトラの場合は主成分であるバルデナフィルの安全性は確かめられているので、研究費に投資せずの開発することができているので安価に販売されているのです。

 

ただ、主成分をまねて添加物や製造方法だけを変えて作られる薬のことをジェネリック医薬品といいます。

 

効果がそのままでしかも安いとなると、薬を服用する側としてはいいことだらけです。ただ、ジェネリック医薬品を製造するには、先発薬の特許が切れたものしかジェネリック医薬品は認められません。

 

そのようにして医薬品開発の発見者の利益を守る仕組みがきちんと出来上がっているのです。

 

バルデナフィルが配合されているサビトラは、その価格と効果からとても人気がある勃起薬なのです。

 

サビトラは個人輸入で購入できる

サビトラは個人輸入

レビトラのジェネリック医薬品であるサビトラは日本国難ではまだ販売していません。
バイアグラなどは泌尿器科でEDの診断が出ると5分ほどで処方されますが、今では個人輸入で購入する人が増え、EDを改善しています。

 

バイアグラのようにサビトラも日本国内で手に入れようと思ったら個人輸入を利用するのが通常です。

 

今では簡単に手続きを行ってくれる会社が多数ありますので、ご自身で一番だと思われたところに申し込むようにしましょう。商品の発送は海外から直接届くことになりますので、一週間ほどかかるとお考えください。

 

郵便局の場合は荷物番号がわかると、その荷物が今どこになるのかがホームページで分かるようになっているので、届く日が予想しやすいです。

 

医薬品という性質上、税関の検査が入ります。時には荷物を開封して改めることもあります。そのあたりのリスクを踏まえたうえで、ご購入ください。